» 便秘のブログ記事

女性の方が便秘になりやすい傾向があると言われています。

大腸の出口の方に、女性の器官が圧迫を加えることによって

便の道を塞いでしまうというケースも多く見られるようです。

結果的に、出口の当たりに「便ポケット」と言われる便が

溜まってしまう部分が出来るのです。

ここで便が固まってしまうと便秘となり、なかなか排泄するのは難しくなるようです。

重度の便秘に悩んでいる方の中には、

手術をしてこの便ポケットを縫って塞いでしまうことをしなくてはいけないこともあります。

手術そのものは難しいものではないので、受けている方も増えているようです。

また、男性よりも筋肉量の少ない女性では、

腸を腹筋で支える力も弱いと言われています。

そのため、内臓の位置が適正にならずに

便が腸に留まりやすいのも原因でしょう。骨盤の歪みも同じ現象を起こします。

 

腹筋を鍛えて便秘改善

42a06380b6696fb6e8fc05d79885c70d_s

正常な腹筋を維持している場合は、問題無く便を外へ押し出すことができ、

スムーズに排便を行うことができます。

しかし、腹筋が弱いと便を外へ押し出すことができず、

排便を困難になり、便秘になってしまうという訳です。

また、腹筋が弱まってしまうとしっかりと内臓を支えることができず、

どんどん下に内臓が下がっていきます。

そうすると胃や腸が本来の働きをすることができなくなるため、

便秘になってしまいます。

このように腹筋が弱いと便秘になりやすくなるので、

特に女性の方は腹筋を鍛えるようにしてください。

腹筋を鍛えるために一番有効なのは、筋トレです。

毎日、コツコツ腹筋運動をすることによって、

徐々に筋肉が強くなっていき、腹筋がついてきます。

むくみ 治らないと悩んでる方にも筋トレは効果的です。

最初から1日の回数を多く設定すると長く続けることができないので、

無理のない回数からスタートしてください。

短期間で腹筋をつけても、筋トレを止めてしまうと

すぐに腹筋は弱まってしまうので、毎日少しずつ続けることが大切です。

便秘に悩んでいる方は実に多くいらっしゃいますよね。

女性だけではなく男性にも同じことが言えるようです。

便秘になる理由には様々なタイプがあります。

常用している薬から来るものや、ストレスによる精神的なもの、

他に病気があるときなど、いろいろですね。

それぞれのタイプに応じて対処方法を検討しなくてはいけないでしょう。

便秘の種類と原因を学んで、適切に便秘解消を行っていきましょう。

多くの場合は食生活の改善で変化が出てきます。

病気から来ている場合には、医師との相談も必要ですね。

また、女性だけではなく、男性や赤ちゃん、高齢の方も便秘になりやすい傾向があるので、

その場合にはどのように解消していくかも大事です。

お通じの状態が良くないのには、個別の原因があります。

ご自身のタイプがどれに当てはまるのかを考えていくことが

便秘の原因を知る第一歩かも知れないですね。

その後、原因に応じた便秘解消方法を取る必要があります。

 

牛乳によって便秘をなおす

a1180_006350

牛乳には、腸内の善玉菌を増加させ、

悪玉菌を抑制する働きを持つオリゴ糖が多く含まれています。

悪玉菌が増えてしまうと腸内環境が悪化してしまい、

腸が正常な働きをすることができなくなります。

その結果、排便が困難になり、便秘に繋がってしまうのです。

しかも、悪玉菌が増えてしまうと便秘だけではなく、

肌荒れや肩こり、頭痛といった症状も引き起こす可能性があります。

そして、善玉菌や悪玉菌の数は、普段何気なく送っている

生活習慣に影響されるので、不規則な生活をしている人は悪玉菌が多い傾向があります。

乱れた生活習慣で便秘を引き起こしている人は、

牛乳の力によって、腸内環境を整えてみるのも良いかもしれません。

また、牛乳を飲む場合は、眠っている腸を

起こすために起床してすぐに飲む方が便秘に効果があります。

ケーキタイプのファンデーション